シスアドの意義を示した「システムアドミニストレータ宣言」
(出所:JSDG)
[画像のクリックで拡大表示]

 「システムアドミニストレータ」という名前を残すべきか――。JSDGメンバー同士で、こんな会話を交わすことも珍しくない。一時は300人を超えていたJSDGの会員は、現在は240人あまり。ここ数年、減少傾向が続いていたが、ここへきて盛り返しつつあるという。

 JSDG会員は口々に「シスアド魂」の重要性を訴える。意味するところは、同会が一貫して重視している「利用者の視点に立った情報化」だ。シスアドの意義をまとめた「システムアドミニストレータ宣言」にも、この点をうたっている。

 いまどき○○魂などとは流行ではないかもしれない。それでも会員の熱気に触れた記者は、確かに魂の存在を信じずにはいられなかった。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!