「シスアドは経営とITを橋渡しする人材。ITで本業を改革する気運がかつてなく高まっている現在こそ、シスアドの役割が求められているはずだ」。JSDGの阿久津恵子会長は、こう述べる。

JSDGの阿久津恵子会長はシスアドの復権を訴える
[画像のクリックで拡大表示]

 経営とITをテーマにした報道に長年携わってきた記者自身も、ITのことが今ほど世間の話題に上る状況はかつてなかったと感じている。新聞やテレビニュースでは、毎日のように「AI」や「IoT」といったIT略語が踊る。

 それも社内業務の効率化などではなく、本業におけるITの活用だ。機械メーカーが自社商品の工作機械にIoTを使って付加価値を高める、保険会社が新たな保険商品の開発を視野にAIを活用する、AIで高度な農業を実現するなど、枚挙にいとまがない。

 ただ、経営者のITへの理解が進んでいるとは必ずしも言えない。「うちもAIで何かやれないか」といったムチャぶりに困惑するIT担当者は多いのではないか。「デジタルビジネス」など耳障りのいい言葉で出費を促すコンサルティング会社やITベンダーに、苦慮することもあるだろう。

ここからは会員の登録が必要です。