2017年のクラウド界隈最大の話題は、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)が1月にAmazon Web Services(AWS)を採用する方針を公表したことだった。セキュリティに厳しいメガバンクによる本格的なAWSの採用宣言は、国内企業のクラウド導入を後押しした。

 しかしながら2017年を振り返ると、銀行や同じくセキュリティに厳しい保険会社で目立ったのは、AWSよりも米マイクロソフトのクラウドサービスである「Microsoft Azure」の新規採用事例だ。

 セブン銀行では2017年9月に、AzureのPaaS(プラットフォーム・アズ・ア・サービス)を中心としたサービス開発基盤を構築したことが判明。同基盤を使い、海外送金サービスのスマートフォンアプリや、リアルタイム振り込み機能の短期開発を実現している。

セブン銀行が開発した海外送金サービスのスマホアプリ。川崎市など同社と協定を結ぶ自治体による、国内居住外国人向けの情報配信機能も備える(画面右)
(出所:セブン銀行)
[画像のクリックで拡大表示]

 北國銀行も2017年6月、日本マイクロソフトの協力の下、Azureを基盤としたインターネットバンキングサービス「北國クラウドバンキング」の開発を始めたと発表。2018年夏のサービス開始を目指す。

 保険会社では大手の第一生命保険が2017年3月に、健康増進サービスのシステム基盤としてAzureを採用したと公表。第一弾として健康増進アプリの「健康第一」を提供開始した。健康増進サービスは、保険ビジネス(Insurance、インシュランス)とテクノロジー(Technology)の両面から、生命保険事業独自のイノベーションを創出する「InsTech(インステック)」という同社の取り組みの一翼を担う。

基本機能や認証取得はAWSと大差なし

 もっとも、国内の銀行や保険会社では、ソニー銀行やマネックス証券、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険などが数年前からAWSを採用しており、採用事例数で他のクラウドベンダーを先行していた。

 それが、MUFGのAWS採用宣言によってクラウド導入の機運が高まった2017年に、AWSよりもAzureの採用事例が目立ったのはなぜか。前提として、ネットワークやセキュリティの機能は、既にAWSと遜色ない水準に達している。具体的には閉域網接続サービスや、データセンター内に顧客専用の仮想プライベートネットワーク環境を作れる機能は、AWSに次いでAzureでも数年前に対応済みだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら