TBSテレビとWOWOWは2017年12月21日、「ジャパンラグビー トップリーグ」の試合(NEC グリーンロケッツ vs NTTドコモ レッドハリケーンズ戦、12月24日開催)において、「ARライブ映像視聴システム」(NTTドコモが提供)の実証実験を実施すると発表した。NTTドコモおよび富士通と共同で行う。

 来場者は、スマートグラスを装着することで、プレーの生中継映像や、チーム・選手プロフィール、解説情報などを見ながら試合を観戦できる。スマートグラスに表示するコンテンツは、リモコンなどの操作端末を必要とせず、手で直感的に操作することが可能。会場ではスマートフォン向けのコンテンツ配信も併せて実施する。

 ARライブ映像視聴システムは、目の前に表示されたCGオブジェクトを実際に物に触れるような感覚で操作できるNTTドコモの「空間インターフェース技術」と、低遅延・高レスポンスで複数の映像を切り替えられる配信技術「Live Multi Viewing」(TBSテレビとWOWOW、北海道日興通信が共同開発)を連携することで実現した。今回の実験では、コンテンツを配信するネットワークの遅延低減や負荷分散を行うため、NTTドコモの「5G通信」ならびに5G時代の要素技術である富士通の「Mobile Edge Computing」も活用する。

今回の実証実験で使うシステム構成の概要
(出所:TBSテレビ、WOWOW)
[画像のクリックで拡大表示]

 5G時代に向けてTBSとWOWOW、北海道日興通信(NIXUS)の3社は、Live Multi Viewingに高画質・高音質や大規模同時配信といった機能を追加し、さらに利便性を向上していく方針。また、今後開催される大規模スポーツイベントを見据えて、スタジアムでの新しい観戦スタイルを提案していくという。

[TBSテレビの発表資料へ]

[WOWOWの発表資料へ]