デルは2017年12月6日、都内で「8K映像」に関するプレスセミナーを開催し、7月に発売した同社の8Kディスプレイや、8Kに関する最新の業界動向について解説した(写真1)。

写真1●デルの8Kディスプレイ「UP3218K」(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 デルの「UP3218K」については、デル プロダクトマネージメント シニアアドバイザーのキム・サンウ氏が解説した(写真2)。

写真2●デル プロダクトマネージメント シニアアドバイザーのキム・サンウ氏
[画像のクリックで拡大表示]

 UP3218Kは31.5インチの8Kモニターである。デルによれば世界初の製品になる。画面解像度は7680×4320ドットで、4Kの4倍、フルHDの16倍に相当する。ピクセル数は3320万、画素密度は280ppiとなっている。

 インタフェースには「DisplayPort 1.4」を利用しており、デモ機ではデルのワークステーションと2本のケーブルで接続していた(写真3)。

写真3●2本のDisplayPortケーブルで接続
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら