華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)は2017年11月28日、SIMロックフリースマートフォンの新製品2機種とタブレット1機種を発表(写真1)。都内で開催した発表会で披露した。

写真1●ファーウェイがMate 10シリーズを発表
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 スマートフォンとしては「HUAWEI Mate 10 Pro」を12月1日に8万9800円で、「HUAWEI Mate 10 lite」を12月8日に4万2800円で発売する。タブレット「MediaPad M3 Lite 10 wp」は、12月8日に3万7800円で発売する(いずれも税別)。

iPadに対抗できる唯一のメーカーに

 発表会には、ファーウェイ デバイス 日本・韓国リージョン プレジデントの呉波(ゴ・ハ)氏が登壇(写真2)。デバイス事業について、2017年は第3四半期までにグローバルで出荷台数が19%伸びる一方、売り上げは30%伸びており、高価格シフトが進んでいることを示した。

写真2●ファーウェイ デバイス 日本・韓国リージョン プレジデントの呉波(ゴ・ハ)氏
[画像のクリックで拡大表示]

 国内スマホ市場では、キャリア端末を含む市場全体で好調だという(写真3)。BCNによるメーカー別シェアは昨年の5.48%から8.31%に拡大。GfKによるスマホ販売総合ランキングでもトップ10に唯一ランクインしたことを挙げ、「ファーウェイの端末が日本で認められている」(呉氏)とした。

写真3●国内スマホ市場で好調
[画像のクリックで拡大表示]

 BCNやMM総研の調査では国内のSIMロックフリー市場でシェア1位を維持するほか、Androidタブレットでも国内シェア1位だという。「居酒屋の注文に使われているような業務用タブレットも含め、Androidでシェア1位だ。iPadも含めると2位だが、その差は小さい。iPadの独占に立ち向かえる唯一のAndroidタブレットだ」(呉氏)と語った。

 新製品のMate 10 ProやMediaPadの新モデルでは、IP67の耐水、防塵に対応する。「スマホだけでなく、タブレットについても対応した。日本の消費者の要望に応えたものだ」(呉氏)と説明した。Mate 10 Proの特徴としてはAIの演算を強化したチップセット「Kirin 970」の搭載を挙げ、「人工知能時代の幕開けになるスマホだ」(同)と紹介した(写真4)。

写真4●Mate 10 Pro
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら