スカパーJSATは2017年11月21日、米KVH Industries(KVH社)との間で次世代海洋ブロードバンドサービスの提供に向けた協業合意書を締結したと発表した。

(出所:スカパーJSAT)

 スカパーJSATは、海上でのインターネット利用の拡大や船舶のIoT(インターネット・オブ・シングズ)化時代の到来を見据え、従来の海洋ブロードバンドサービス「OceanBB」を改良した次世代サービスの検討を進めている。アンテナなどを製造するKVH社は、スカパーJSATがOceanBBで提供する衛星カバレッジを補完するローミングパートナーである。スカパーJSATとKVH社は今回、次世代海洋ブロードバンドサービスにおいても引き続き協業を行うことに合意した。

 スカパーJSATは、従来よりも高速の伝送速度となる最大下り10Mbps/上り3Mbpsを実現する次世代海洋ブロードバンドサービスについて、2018年初頭頃のサービスインを予定する。現在、スカパーJSATでは次世代サービスの提供に向けて、ハイ・スループット・システムを採用した通信衛星(HTS)の投入の検討や、衛星通信事業者としての強みを生かすカスタマイズプランおよび各種管理ツールや付加価値サービスなどの提供といった新たなサービスメニューの導入に向けた準備を進めているという。

[発表資料(PDF)へ]