東日本旅客鉄道(JR東日本)は2017年11月20日~26日、JR大宮駅のイベントスペースで人工知能(AI)を活用した無人コンビニの実証実験を開始する。「混雑時のレジの待ち時間軽減や、従業員の人手不足を解消する手段として、今後の本格導入を検討している」とJR東日本の表輝幸執行役員事業創造本部副本部長は期待を語った。

写真●JR東日本の表輝幸執行役員事業創造本部副本部長
[画像のクリックで拡大表示]

 無人コンビニでは、ITベンチャーのサインポストが技術特許を有する無人決済システム「スーパーワンダーレジ」を利用する。天井や商品棚に配置した多数のカメラで顧客の顔や、顧客が手に取った商品をリアルタイムに認識。出入り口に設置した端末に顧客が近づくと商品の合計金額が表示されるので、Suicaをかざして決済すれば商品を購入できる。「AIを活用した画像認識技術を使っているので、商品のバーコードを読み取ったり、商品にICタグを付与したりしなくてよい」とサインポストの蒲原寧社長は話す。

写真●JR大宮駅で実証実験中の無人コンビニ
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の実証実験は、JR東日本が進めている、ベンチャー企業との協業を目的としたアクセラレータープログラム「JR東日本スタートアッププログラム」の一環。スーパーワンダーレジは同プログラムの最優秀賞を受賞した技術の一つだ。JR東日本はサインポストを含めて合計11社の企業と実証実験を進める予定である。

写真●「JR東日本スタートアッププログラム」の最優秀賞を受賞したサインポストの蒲原寧社長(写真右)
[画像のクリックで拡大表示]