アイ・オー・データ機器は2017年11月15日、NASを監視するサービス「NarSuS(ナーサス)」に、「予兆通知サービス」を加えると発表した。サービス料金はNarSuS、予兆通知サービスとも不要。対象機種は法人向けNASの「LAN DISK Hシリーズ」と「LAN DISK Xシリーズ」。

 NarSuSの導入企業は、監視対象のNASの稼動状態をWeb画面で確認したり、ハードディスク(HDD)故障などの障害発生をメールで通知してもらったりできる。今回追加された予兆通知サービスは、NASが搭載するHDDの異常を、故障に至る前に検知しメールで通知してくれる。

 異常検知には、HDDが出すS.M.A.R.T.(Self-Monitoring Analysis and Reporting Technology)情報と呼ぶ、通電時間や書き込みエラーの回数などの情報を使う。NarSuSにおいてNAS内蔵HDD約12万台を監視してきたことで得たビッグデータを使って、独自技術でも異常を検知するという。

 ユーザーが有償の保守サービスに加入している場合は、予兆通知サービスによってHDDの異常を検知するとアイ・オー・データ機器側からユーザーへ、保守作業に関して連絡を取る。

 予兆通知サービスを使うことにより、ユーザーはHDDが故障してから慌てて交換用HDDの手配や交換作業などをする必要がなくなり、運用管理作業の負担を軽減できる。

NarSuSの管理画面で、予兆通知サービスのオン・オフを設定できる
(出所:アイ・オー・データ機器)
[画像のクリックで拡大表示]