東京急行電鉄は2017年11月10日、東急線の運行情報を米アマゾン・ドット・コムの音声認識サービス「Amazon Alexa」で確認できるようにすると発表した。まずはアマゾンジャパンが販売するスマートスピーカー「Amazon Echo」が対応する。

 Alexa対応スマートスピーカーに「アレクサ、東急線アプリ」と話しかけると、スピーカーが東急線各線の運行情報を音声で案内する。運行情報はスマートフォンアプリ「東急線アプリ」で提供しているものと同じリアルタイムの情報だという。

 スマホやアプリがなくても、簡単に運行情報を確認できるのが特徴。スマホの操作や画面確認の必要がないため、視覚障害を持つ人でも簡単に情報を確認できるようになる。11月13日から情報を提供する。

最初に対応するスマートスピーカー「Amazon Echo」
(出所:アマゾンジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]