リバーベッドテクノロジーは2017年11月9日、SD-WAN製品「SteelConnect」のバージョン2.9にウイルス対策やクラウド監査(CASB)などの統合セキュリティ機能を追加した。米ZscalerのセキュリティSaaS「Zscaler」と連携し、ユーザーやアプリケーションごとに適用の可否をワンクリックで設定できる。

「SteelConnect」SD-WAN製品群。ゲートウエイ装置やクラウド上の仮想アプライアンスを集中制御する
[画像のクリックで拡大表示]

 SteelConnectは、ネットワークの設定を柔軟に変更できるSD-WAN製品。専用ゲートウエイ機器やSteelConnect対応WAN高速化装置「SteelHead SD」を集中制御することで、トラフィックをアプリケーションやサービスの種類に応じて数クリックで振り分けられる。今回の機能強化により、インターネットやVPNといった振り分け先にZscalerを追加。「クラウドサービスはZscalerを通さず、社内アプリケーションはZscalerの検査対象にする」といった制御がSteelConnectの管理画面から簡単に設定可能になる。

SteelConnectとZscalerの補完関係
[画像のクリックで拡大表示]

 ZscalerとはIPsec VPNで通信する。Zscalerは世界100カ所のデータセンター(ZEN)でサービスを提供。SteelConnectは伝送遅延が少ないZENを自動判定するほか、任意の場所を指定できる。日本では東京データセンターが最寄りとなる。ZENの障害発生時は自動で別のZENに切り替わる。従来はこれらを手動で設定する必要があった。

SteelConnect 2.9によるZscaler利用のデモ。アプリケーションやユーザー種別に応じた経路の選択先としてZscalerを指定
[画像のクリックで拡大表示]

 SteelConnectのZscaler連携機能を利用するには、国内総代理店のノックスなどを通じてZscalerのライセンスを別途入手する必要がある。