日本マイクロソフトは2017年11月8日、三菱ふそうトラック・バスのデジタル変革を支援すると発表した。三菱ふそうトラック・バスはマイクロソフトのチャットボットを社内ヘルプデスクに導入するほか、マイクロソフトのIoT(インターネット・オブ・シングズ)サービスを活用してトラックやバスの運行管理システムを構築した。車両の設計やメンテナンス業務への「HoloLens」の導入も検討する。

 日本マイクロソフトが開いたイベントに登壇した三菱ふそうトラック・バスのルッツ・ベックCIOは「顧客はデジタルの世界にいて、業界の競争も激化している。業界のリーダーとしてトラックのビジネスを再発明していく」と意気込みを述べた。「Connected X」と呼ぶ2019年6月までのデジタル変革の取り組みにマイクロソフト製品を活用する。

日本マイクロソフトが開いたイベントでデジタル変革の狙いを語った
[画像のクリックで拡大表示]

 マイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft Azure」上で動作するチャットボットを社内の問い合わせ対応に利用する。問い合わせに適切に回答できる仕組みを構築し、業務の効率化を図る。将来的には顧客からの問い合わせ対応にもチャットボットを活用していく。

 2017年10月1日に開始した運行管理システム「Truckonnect」の一部にマイクロソフトの「Azure IoT Hub」を活用した。トラックやバスをクラウドに接続し、車両の位置や燃料の残量などを随時把握できる。輸送や車両整備の効率化につなげる。