インターネットイニシアティブ(IIJ)は2017年11月7日、MVNO事業に関する説明会を開催。「フルMVNO」サービスを2018年3月末までに開始することや、長期利用者向けの特典プログラムなどを説明した。説明会には、IIJ MVNO事業部長の矢吹重雄氏が登壇(写真1)。MVNO事業の回線数が2017年9月末時点で203万9000回線に達したことを明らかにした(写真2)。

写真1●IIJ MVNO事業部長の矢吹重雄氏(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●MVNO事業は200万回線を突破
[画像のクリックで拡大表示]

 回線数の内訳は「IIJmioがもうすぐ100万回線、MVNEとして提供しているものが約65万回線、法人向けが約40万回線」(矢吹氏)との数字を明かした。MVNEの数は128社とした。

 MVNO市場については、「数え方にもよるが、総務省の調査では2016年度に1636万回線、9.7%を占めており、右肩上がりに拡大している。MVNOや格安スマホ、格安SIMといった言葉が認知されてきた。同時に、社会的な役割や責任も大きくなってきている」(矢吹氏)との見方を語った(写真3)。

写真3●MVNO市場規模の推移(総務省統計)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら