スカパーJSATは2017年11月1日、朝日新聞社が運営するクラウドファンディングサイト「A-port(エーポート)」内に、専用ページの「KOKOLOCK(ココロック)」を同日に開設したと発表した。

(出所:スカパーJSAT)

 KOKOLOCKでは、インターネットにテレビと新聞という複数のメディアを連携させ、発信力のあるクラウドファンディングを展開する。スカパー!サービスのタグラインである「ココロ動く、未来へ。」をベースに、「ココロ動く夢と想いを実現すること」をテーマとして、感動や驚きを世の中に発信するプロジェクトを発掘する。

 KOKOLOCKの掲載プロジェクト第一弾は、「ユネスコ無形文化遺産登録記念『秩父夜祭4K映像~ふるさとのこころを永遠に残そう』」。「ふるさとのこころを永遠に記録する」をコンセプトに、2016年にユネスコ無形文化遺産に登録された「秩父夜祭」の4K映像による記録映画を製作するもので、地元の人はもちろん、故郷を離れた人も参加できる。このプロジェクトを支援した人には、4K映像のエンドクレジットに名前を掲載し、映像を収録したブルーレイディスクを進呈するなどのリターンを用意する。

 スカパーJSAT にとって、クラウドファンディング事業は初めての取り組みとなる。有料放送サービス「スカパー!」を中心とするメディア事業と宇宙・衛星事業を二本柱とするスカパーJSATの企画力で、地域やクライアントとの関係を構築し、新たな需要を掘り起こすことを目指すという。

[発表資料(PDF)へ]