NECは2017年10月31日、2017年度上期(4月~9月)の決算を発表した。売上高は前年同期比7.2%増の1兆2880億円、営業利益は同94.2%増の72億円だった。日本航空電子工業を連結子会社にした影響で増収増益となった。最終利益は43.4%増の188億円だった。会見に臨んだ新野隆社長は「7月末時点の計画比でおおむね想定通りとなった」と振り返った。

2017年度上期決算を説明する新野隆社長
[画像のクリックで拡大表示]

 2017年1月に日本航空電子工業を連結子会社にした影響で、2017年度上期は売上高で約1240億円、営業利益で約80億円の上乗せがあった。その影響を除くと「前年から微減の状況」(新野社長)であり、主力のICT関連事業は縮小した。前年度はプラスだった「エンタープライズ」部門も前年度第2四半期に流通・サービス業の大型案件があった影響で6.0%の減収となった。

 2017年度通期については、売上高と営業利益の見通しを据え置いた。売上高は前年度比5.1%増の2兆8000億円、営業利益は同19.5%増の500億円を見込む。2017年6月にルネサスエレクトロニクスの株式を売却したことを受けて、最終利益の見通しを前回予想比50億円増の350億円(前年度比28.2%増)にした。7月に表明した80億円の戦略投資のうち、30億円を企業向けのソフトウエア開発に、20億円はIoT基盤の開発やグローバルでの成長投資に振り向けることを決めた。

 NECは2018年1月に新たな中期経営計画を発表する。新野社長は「テレコムキャリア事業の見直しが大きなポイントになる」と話し、縮小が続く通信機器事業の改革を進める考えを示した。「通信事業者だけを対象にしたハードウエアの事業は縮小していくだろう。通信事業者のサービスの領域に広げたり、通信技術を他の企業に展開したりする必要がある」(新野社長)と述べた。