アビームコンサルティングは2017年10月30日、リース・販売金融業界に特化したCRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)導入支援サービス「リース・販売金融業界向け顧客接点強化ソリューション」の提供を始めた。価格は1000万円程度から。2018年3月末までに5件の導入を目指す。

 新ソリューションは、セールスフォース・ドットコムによる業界別ソリューション提供のためのパートナーシッププログラム「Salesforce Fullforce」に基づき、同社のクラウド基盤上で提供する。

アビームコンサルティングが提供するリース業界特化CRMソリューションの概要
(出所:アビームコンサルティング)
[画像のクリックで拡大表示]

 アビームコンサルティングは、「営業計画」から「営業活動」「成約」に至る一連の業務プロセスをセールスフォース上で実装するためのテンプレートを提供する。営業活動については、セールスフォースが提供する「案件管理」「スケジュール管理」などの標準機能を活用。さらに「満了フォロー」(リース期限が満了する前に再契約などを促す)、「クレーム管理」といった機能を独自に実装して提供する。

 水野美歩執行役員は「当社や顧客企業がゼロベースからシステム開発するよりも、セールスフォースのクラウド基盤を使ったほうが展開が速い。今後、国内リース企業が海外展開を進める際にもクラウドに利がある」と説明する。

 アビームコンサルティングはもともと国内のリース業界や、自動車の割賦販売などを扱う販売金融業界向けの基幹情報システムで強みを持つ。これらの顧客企業特有のニーズに対応することで、関係をより強固にする狙いがある。

 「リース業界は2008年ごろの会計制度変更などの影響で市場縮小や合従連衡が進み、国内市場は成熟している。満了フォローのような業務はITで自動化しつつ、顧客企業が新規事業や海外展開に労力を割けるように支援していく」(水野執行役員)としている。