東急不動産は2017年10月27日、渋谷にベンチャー企業を誘致し、育成するプロジェクト「SHIBUYAスタートアップ100」を開始すると発表した。取り組みの第1弾として米ベンチャーキャピタル(VC)のプラグアンドプレイと共同で、インキュベーション施設「Plug and Play Shibuya powered by 東急不動産」を2017年11月1日に開設する。

東急不動産と米プラグアンドプレイが共同で開設する「Plug and Play Shibuya powered by 東急不動産」
[画像のクリックで拡大表示]

 SHIBUYAスタートアップ100の目標は2020年までに東急不動産が育成したベンチャー企業から100個の新製品・サービスを生み出すこと。目標に向け、施設を提供したり出資したりする。同社の岡田正志専務執行役員は「渋谷は2000年ごろにビットバレーと呼ばれ、多数のITベンチャーが集まった。成長後に渋谷を離れた企業もあるが、今でも起業家に選ばれる地域だ。このニーズに応えつつ、かつての盛り上がりをもう一度起こしたい。目標は渋谷を世界中のスタートアップ企業に注目される街にすることだ」と意気込む。

東急不動産の岡田正志専務執行役員
[画像のクリックで拡大表示]

 Plug and Play Shibuyaはオフィスやイベント会場として使える施設。少人数のベンチャー企業や大企業のプロジェクトチームの使用を想定しており、共用エリアのみであれば月額2万円から利用できる。東急不動産とプラグアンドプレイが共同で実施するアクセラレーションプログラムに参加した企業は無料で使える。

 プラグアンドプレイは米ドロップボックスや米ペイパルなどに出資したVC。日本法人は2017年9月から本格的に活動を開始した。東急不動産のほか、三菱UFJフィナンシャル・グループ、SOMPOホールディングス、パナソニック、電通、富士通、フジクラ、アサツー ディ・ケイなどと提携し、ベンチャーを育成する。