建設機械大手のコマツなど4社が設立したランドログの井川甲作代表取締役社長は2017年10月24日、SAPジャパン開催のイベント「SAP Leonardo Executive Summit」で講演した。井川社長は「建設現場の生産性向上に貢献するために、2つのビジネスを展開する」と来場者に語った。

ランドログの井川甲作代表取締役社長
[画像のクリックで拡大表示]

 ランドログは、建設現場向けクラウドサービス「LANDLOG」を企画・運営する企業。コマツ、NTTドコモ、SAPジャパン、オプティムの4社が出資して2017年10月5日に設立した。

 井川社長が講演で語ったビジネスの1つは、IoT(インターネット・オブ・シングズ)デバイスで取得した建設現場の各種データを、アプリケーション開発企業向けに提供するもの。IoT対応建機などから集積したデータを、工事の作業量や作業員の人数、建機の台数といった現場の業務効率化に生かしやすい形式にLANDLOGが加工したうえで提供する。

 例えばコマツは、建設現場の土を運搬するトラックの運行データなどを活用し、運行効率化を支援するアプリケーション「TRUCK VISION」を開発中という。「コマツだけでなく、建設現場向けのアプリケーションを開発したい企業に幅広く提供する」(井川社長)。

 もう1つのビジネスは、建設現場でデータを取得するシステムの提供である。建設現場を撮影するドローンや、ドローンの撮影画像に加工処理を施し、クラウドへと伝送する機能を備える端末などで構成する。LANDLOGのシステムを利用すると、従来は難しかった現場における日次の作業量を短時間で計測し、把握できるようになるという。