日立製作所は2017年10月24日、USB経由の不正アクセスやウイルス感染を防ぐUSB管理システム「NX UsbMonitor」の販売を始めた。同年12月25日に出荷開始する。USBポートに制御装置を取り付け、未登録のUSB機器の不正な接続を防ぐ。ソフトウエアの対策製品の導入が困難な産業用コンピュータでの採用を見込む。

USB管理システム「NX UsbMonitor」の「USB接続管理装置」。保護したいUSBポートとUSB機器の間に挟んで使う
[画像のクリックで拡大表示]

 NX UsbMonitorは、USBによるデータ転送の中継器として動作する「USB接続管理装置」と、同装置を設定する管理用ソフトで構成。USB接続管理装置は4ポートの中継機を備え、あらかじめ登録したUSB機器以外の接続を遮断する。PCのファームウエアやOSでUSB利用を制限するソフトウエアが不要なため、OSを問わず導入できる。

 使用を許可するUSB機器は、USBデバイスの各種IDを識別子にホワイトリスト方式でUsbMonitorに登録する。管理用PCで設定用USBメモリーを作成し、UsbMonitorに差し込んで設定を反映する。UsbMonitorの機能をオン/オフするロック用USBメモリーの作成も可能。接続ログはUsbMonitorが蓄積し、USBメモリー経由で回収する。

 PC側のUSBポートは、非公開のロック機構で固定する。「鍵がかかり、解錠も可能。導入先の機器に応じて個別対応する」(日立製作所の武澤慶 制御プラットフォーム統括本部セキュリティセンタ主任技師)。

 価格は個別見積もり。保護対象のコンサルティングや設置サービスが付属する。今後は2018年度以降に、ネットワークによる集中管理機能の追加や高温環境対応といったラインアップ拡充を目指す。