ケーブルテレビ株式会社(本社:栃木県栃木市)は2017年10月23日、総務省 関東総合通信局から高度化方式(AXGP方式)による地域BWAの免許の交付を受けたと発表した。秋から無線ブロードバンドサービスを提供していく。

 同社は、既存の光ファイバー網を利用した放送・通信サービスに加え、地域BWAを利用した新たな地域無線インフラを構築する。これにより、防災防犯ライブカメラ、避難所用無線LANアクセスポイント向けアクセス回線、自治体ネットワーク閉域網(施設間を結ぶセキュアな専用回線を無線通信網で提供)、一般顧客向けインターネット接続など、各種のサービスを順次展開していく。

図●サービスの概要
(出所:ケーブルテレビ株式会社)
[画像のクリックで拡大表示]

 また、将来的には見守りネットワークやIoT向けサービスにも適用していく予定。地域BWAの免許の交付日は2017年10月6日。サービス提供エリアは栃木県栃木市の一部。他市町への順次拡大も予定する。

[発表資料へ]