東京メトロは2017年10月23日、一部の車両で訪日外国人向けに無料で提供中の無線LANサービスを、2020年夏までに同社全路線全保有車両へ導入することを目指すと発表した。

 利用できるサービスは「Metro Free Wi-Fi」および「Japan Connected-free Wi-Fi」、「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」。Metro Free Wi-FiとJapan Connected-free Wi-Fiの利用時間は1回3時間で、回数制限はない。SSIDは「Metro_Free_Wi-Fi」。TRAVEL JAPAN Wi-Fiの利用時間は制限なし。SSIDは「Wi2」である。

 10月23日時点で稼働中なのは銀座線1000系12編成と、日比谷線13000系13編成(ただし13000系は当面TRAVEL JAPAN Wi-Fiのみ提供)。それに加えて2017年10月末からは東西線、同11月からは千代田線、2018年度中に丸ノ内線(新型車両)へ順次導入する。その他の路線も含め、2020年夏までに東京メトロの全路線全保有車両に導入する予定だ。サービスは、ステッカーが貼られている車両で利用できる。

13編成に車内無線LANサービスが導入されている東京メトロ日比谷線13000系
(出所:東京メトロ)
[画像のクリックで拡大表示]
車内Wi-Fiサービス提供車両に貼られるステッカー
(出所:東京メトロ)
[画像のクリックで拡大表示]