ソースネクストは2017年10月23日、都内で新製品発表会を開催し、世界50言語の双方向通訳に対応した携帯型デバイス「POCKETALK」を発表した(写真1)。12月14日に発売する。

写真1●ソースネクストが「POCKETALK」を発表(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、ソースネクストは2017年4月の発表会で携帯型通訳デバイスの開発を表明していた。

世界50言語に対応、グローバルSIMモデルも

 発表会にはソースネクスト代表取締役社長の松田憲幸氏が登壇(写真2)。「ロゼッタストーンの権利を買ったことで、アプリ版、TOEIC版など様々な製品を展開していく。”言葉の壁をなくす”というミッションを着実に実行する」と語った。

写真2●ソースネクスト 代表取締役社長の松田憲幸氏
[画像のクリックで拡大表示]

 言語学習については、「外国語を学習するか、AI翻訳機がすべてやってくれるという2つの考え方がある。ソースネクストはこの両方に取り組んでいく」(松田氏)との方針を示した。市場環境として、2020年に訪日外国人が約3700万人に増加することを見込んでおり、その多くが言葉の壁を不便に感じていることを課題として挙げた。

 こうした背景を踏まえ、世界50以上の言語に対応した携帯型通訳デバイスとして「POCKETALK(ポケトーク)」を発表した(写真3)。

写真3●POCKETALK(ポケトーク)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら