日本IBMは2017年10月20日、PCを使った定型業務を自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)ツールの新製品「IBM Robotic Process Automation with Automation Anywhere」を出荷した。「数多くのRPAツールが市場に出回っているが、BPM(ビジネス・プロセス・マネジメント)ツールとの組み合わせを前提にしていることが特徴だ」と日本IBMの望月敬介クラウド事業本部クラウドソフトウェア事業部長は話す。

日本IBMの望月敬介クラウド事業本部クラウドソフトウェア事業部長
[画像のクリックで拡大表示]

 IBM Robotic Process Automation with Automation Anywhereは、IBMのBPMツール「IBM Business Process Manager」と、米Automation AnywhereのRPAツール「Automation Anywhere(AA)」で構成する。AAは「他のRPAツールと比べて高度な管理機能を持ち、多くのアプリケーションを自動化の対象にしていることが特徴だ」と日本IBMの中村航一クラウド事業本部シニア・コンサルティング・ITスペシャリストは説明する。米Automation Anywhereは2017年7月に米IBMと業務提携している。

 日本IBMは「BPMツールで管理している業務プロセスから、RPAで自動化した業務を呼び出す」といった使い方を想定している。「RPAツールだけを導入した場合、単純作業の効率化にとどまりがち。BPMと組み合わせることで、業務全体の効率化が図れる」と望月事業部長は話す。

 IBM Robotic Process Automation with Automation Anywhereの価格は月額130万3000円から。価格には、IBM Business Process Manager Expressのライセンスと、AAのライセンスが含まれる。最小構成の場合、IBM Business Process Manager Expressが840PVU(PVUは米IBMのサーバーライセンスの単位)まで使用可能で、AAの5ボット、10開発者ライセンス、3管理サーバーのライセンスが付属する。1ボット当たり月額6万5200円で追加できる。AAも含め、IBM Robotic Process Automation with Automation Anywhereのサポートは日本IBMが提供する。