米Appleと米General Electric(GE)は2017年10月18日(米国時間)、IoT(Internet of Things)のアプリケーション開発で提携すると発表した。GEのインダストリアルIoTプラットフォーム「Predix」と連携する「iOS」用アプリを開発するSDK(ソフトウエア開発キット)を2017年10月26日に公開する。

写真●IoTで提携したAppleとGE
[画像のクリックで拡大表示]

 AppleとGEの両社が提供するSDKを使用することで、開発者はiOS上で動作するアプリに、Predixが提供する産業分野に特化したデータ分析機能などを容易に搭載できるようになる。両社は例として、「Predixが予測した風力発電用タービンの異変を、作業員のiPhoneにリアルタイムに通知し、他の作業員と連携した検診や修理などを実行できるiPhoneアプリ」などが実現できると説明する。

 またGEはAppleとの提携に基づき、GEが社内で利用するiOSアプリや、顧客に提供するiOSアプリの開発も進めている。既にGEの資産パフォーマンス管理システムである「Asset Performance Management(APM)」に関しては、iOS用クライアントアプリをAppleの「App Store」で提供し始めたという。

 AppleのTim Cook CEO(最高経営責任者)は声明で、「GEのPredixプラットフォームと『iPhone』や『iPad』の性能やシンプルさを組み合わせることで、AppleとGEは製造業の世界の仕組みを根本的に変える」と述べている。またGEのJohn Flannery会長兼CEOは「顧客は従業員のモビリティをますます重視する傾向にある。GEとAppleが提携することで、Predixが提供するデータに基づく予測機能や分析機能をいつでもiPhoneやiPadで利用できるアプリが、顧客にもたらされる」と述べている。

 AppleはiOS用の業務アプリ開発に関して、米IBMや米Cisco Systems、欧州SAPといったITベンダーに加えて、米Accentureや米DeloitteといったITに強いコンサルティング会社と提携済み。ITベンダーやITコンサルティング会社以外の業務アプリ開発パートナーは、GEが初めてとなる。