電通デジタルと博報堂DYホールディングスはそれぞれ、米DataRobot社とパートナー契約を締結したと2017年10月17日に発表した。両社は、DataRobot社の機械学習プラットフォーム「DataRobot」を用いたマーケティングソリューションの提供を開始する。

 電通デジタルでは、企業が保有するファーストパーティデータと電通グループが保有する各種オーディエンスデータおよびテレビの実視聴ログデータ、購買データなどを統合した独自パブリックDMP(Data Management Platform)の「People Driven DMP」と連携させる。これにより、DataRobotによりエンドユーザーの購買確度や購買要因などを高精度に予測する。

図●提供するソリューションのイメージ
(電通デジタルと米DataRobotの発表資料から)
[画像のクリックで拡大表示]

 さらには、予測結果をマーケティングオートメーションやCRM、SFA(Sales Force Automation:営業支援システム)、広告プラットフォームなどのマーケティングツールへ連携させていく。

 博報堂DYホールディングスは、DataRobot社とコンサルティングパートナー契約を締結した。DataRobotを博報堂DYグループが保持する「生活者DMP」のマーケティング・インテリジェンス機能として採用する。加えて、新たな生活者データ・ドリブンマーケティング・ソリューションの開発に着手する。

[電通デジタルとDataRobot社の発表資料へ]
[博報堂DYホールディングスとDataRobot社の発表資料(PDFファイル)へ]