NTT東西は2017年10月17日、加入電話網(PSTN)が2025年頃に維持限界を迎えることを受け、2024年1月から約1年かけてIP網に切り替える方針を改めて公表した。悪質な勧誘や販売の被害を防ぐため、顧客への周知を本格的に始めるほか、アナログモデムを活用した通信の検証環境を新たに用意するとした。

NTT東日本が加入電話の顧客向けに配布するお知らせ
出所:NTT東日本
[画像のクリックで拡大表示]

 NTT東西は今回、顧客への影響を最小限にとどめるため、既存のメタル回線をそのまま使い、中継部分だけをIP網に切り替える。顧客は宅内の工事や電話機の交換が不要。2024年1月以降は距離に依存しないIP網の特性を生かし、通話料を距離区分なしの全国一律3分8.5円(固定電話宛て、基本料は現行と同じ)とする。契約も自動的に引き継ぐ。

 顧客による手続きは特に必要ないが、今後はIP網への移行に便乗した悪質な勧誘や販売による被害も懸念される。このため、10月末に新聞広告、11月中旬以降は請求書への案内の同封で周知を強化していく。なお、電話会社選択サービス「マイライン」については廃止の方針が固まっているものの、具体的な手続きは協議中で、改めての案内になるという。

 NTT東西は同日、アナログモデムを活用した通信の検証環境を新たに用意したとも発表した。INSネットのディジタル通信モードの終了に伴い、2027年頃までの提供を予定する補完策の検証環境は2016年9月に提供済み。ただ、アナログモデムを使ったEDI(電子データ交換)などでもIP変換による遅延が懸念され、関係各社や業界団体の要望を受けて新たに用意することにした。

NTT東西が新たに用意した検証環境の設備構成
出所:NTT西日本
[画像のクリックで拡大表示]

 検証環境は千葉市美浜区に置き、利用時間は土日や休日、年末年始を除いた午前9時~午後5時。同日に受け付けを開始した。1回の申し込みで最大5営業日まで利用できる。