Bluetoothを利用して落とし物を追跡できるIoT機器を手掛けるTrackRは2017年10月4日、都内で記者説明会を開き、日本市場に本格参入すると表明した。同日から「TrackR pixel」の販売をビックカメラやソフマップ、Amazon.co.jpなどで開始した。販売店舗や製品は順次拡充していく予定である。

発表会で展示した「TrackR pixel」(撮影:林 徹、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
写真左からTrackR CEOのクリス・ハーバート氏、Presidentのクリスチャン・ジョアン・スミス氏、日本ゼネラルマネージャーの田中大祐氏
[画像のクリックで拡大表示]
TrackR pixel。直径は500円玉とほぼ同じ26.2mmだが、厚さは5.6mmと500円玉3枚分ほど
[画像のクリックで拡大表示]
主に送料を抑えたい「ECサイト向け」のブリスターパッケージ。説明会の後で赤坂見附駅のビックカメラで確認したところ、既に入荷していた
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら