トレンドマイクロは2017年10月4日、同年10月10日に延長サポートが切れる「Microsoft Office 2007」の利用状況の調査結果を発表した。9月末時点で日本国内のユーザーの8.60%、およそ12人に1人はOffice 2007を利用していた。同社は最新版へのアップグレードを呼びかけている。

トレンドマイクロの調査結果(「40万台」は調査数の8.6%に当たる)
出所:トレンドマイクロ
[画像のクリックで拡大表示]

 Office 2007の延長サポート終了後は、セキュリティ更新プログラムが提供されない。セキュリティリスクを抱えた状態になり、脆弱性を突かれてPCの乗っ取り被害を受けたり、情報漏洩被害を受けたりする可能性がある。

 今回の調査はトレンドマイクロの個人向けセキュリティ製品のユーザーのうち、システム情報の送信に同意している日本国内のユーザーが対象だ。Office 2007を利用するPCの台数は減少傾向にあるが、個人ユーザーの12人に1人はサポート切れ目前にもかかわらずアップグレードしていなかった。

 なお、2017年4月11日に延長サポートが終了したWindows Vistaのユーザーも残っており、トレンドマイクロが情報収集したPCのうち1.57%は9月末時点でもVistaを使い続けていた。