名古屋テレビ放送(メ~テレ)は2017年10月4日、同社の子会社でコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)の名古屋テレビ・ベンチャーズが保育園・幼稚園の社会的課題を解決するサービスを提供する企業である「ユニファ」に出資したと発表した。2017年4月の名古屋テレビ・ベンチャーズ設立後、 初の出資となる。

(出所:名古屋テレビ放送)

 ユニファは、 テクノロジーの力を活用して保育士不足や家族コミュニケーションの問題を解決することをビジョンとして掲げ、 保育園・幼稚園向けサービスを提供している。現在は園内写真をネットで購入できるサービスを主力として展開している。2017年度からは保育士の労働環境改善に向けてIoTを活用したヘルスケアサービスや業務システムサービスの提供を開始するなど、スマート保育園・幼稚園構想を推進している。

 メ~テレは今後、視聴者と共に、 保育園・幼稚園の社会的課題について考えていく方針。メ~テレグループが手がける放送番組やイベントなどを活用し、 ユニファの事業を多くの人に認知してもらえる機会を増やして、社会的課題の解決の一助になるべく役割を果たしていくとしている。

[発表資料(PDF)へ]