アマゾンジャパンは2017年10月2日、AI(人工知能)スピーカーの「Amazon Echo」と、同スピーカーが搭載する音声認識サービスの「Amazon Alexa」を2017年内に日本で提供開始すると発表した。価格は未定。Amazon Echoの予約販売も実施する。

AIスピーカーのAmazon Echo
出所:米アマゾン・ドット・コムのWebサイト
[画像のクリックで拡大表示]

 Amazon Echoは米アマゾン・ドット・コムが2014年末に米国で発売済み。音声による操作でニュースや天気などの情報を返したり、音楽を再生したりできる。現時点では日本語に未対応だが「当然、日本語に対応する」(アマゾンジャパン)。ユーザーインタフェース(UI)としてクラウドベースの音声認識サービスである「Amazon Alexa」を備え、アプリケーションに相当する「スキル」を追加することにより、様々な用途で利用できる。

 EchoとAlexaの国内展開に加え、ハードウエアやソフトウエアと連係させるためのAPIやソフトウエア開発キット(SDK)も2017年内に国内で提供する。ソフトウエア開発者がAlexaのスキルを作成できるSDKの「Alexa Skills Kit(ASK)」については、NTTドコモやクックパッドなどが既にASKを使ってAlexaスキルの作成を進めているという。

 ハードウエアベンダーに向けても、Alexa対応製品を開発可能にするSDKの「Alexa Skills Kit(ASK)」を提供する。アマゾンジャパンによると「オンキヨーやハーマンインターナショナルなどが、国内市場向けにAVSを使ったAlexa対応製品の発売を計画中」とのことだ。