米アップルは2017年9月12日(現地時間)、カリフォルニア州クパティーノの新社屋「Apple Park」にて新製品発表会を開催し、新型スマートフォンとして「iPhone X」「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」を発表した。

 発表会には同社CEO(最高経営責任者)のティム・クック氏が登壇。約2時間のプレゼンテーションでは「Apple Watch」「Apple TV」「iPhone」の順に新製品を発表した(写真1)。

写真1●米アップルCEOのティム・クック氏
(出所:米アップル、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 最初にクック氏は、新社屋であるApple Parkについて触れ、100%再生可能エネルギーを利用していることや、スティーブ・ジョブズ氏の名前を冠した「Steve Jobs Theater」を発表会の場所に選んだことを紹介(写真2)。「アップルのDNAとして受け継がれていることを誇りに思う」と振り返った。

写真2●「Steve Jobs Theater」を紹介
[画像のクリックで拡大表示]

iPhone 7の後継は「iPhone 8」、9月22日に発売

 iPhoneの新製品は、ワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデントのフィル・シラー氏が発表した(写真3)。

写真3●米アップル ワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデントのフィル・シラー氏
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら