電通国際情報サービス(ISID)は2017年9月8日、農業ITベンチャーのベジタリアに約5億円を出資すると発表した。ISIDはベジタリアの第三者割当増資を引き受けて、発行済み株式数の約9%を取得する。

図●ベジタリアの水田センサー「パディウォッチ」
(出所:電通国際情報サービス)
[画像のクリックで拡大表示]

 ベジタリアは2010年10月設立でクラウド型営農管理システム「アグリノート」などを提供している。アグリノートは農場の環境情報や作物の生育状況を常時モニタリングできるIoT(インターネット・オブ・シングズ)センサーや水田センサー、地図情報を基に、農場を管理したり農作業を記録したりする。植物病理学を基にセンサーデータを活用しながら生産者をサポートしている。

 ISIDは中期経営計画の基本方針に「新たなビジネス領域の開拓」を掲げて、戦略領域と位置付けるIoTやビッグデータ分野のうち、農業ではブロックチェーン技術を活用して有機農産品の品質を保証する実証実験を進めている。農業ITベンチャーへの出資は初めてという。

 今後、これらの経験を通して得られた技術やノウハウにベジタリアのセンサー技術などを組み合わせて、農業IoTプラットフォームの構築のほか、生育環境などのデータ活用による農機メーカー向けビジネスに取り組むという。ベジタリアは2016年6月にNTTドコモ、2017年5月末にオムロンベンチャーズからそれぞれ出資を受けている。