米AMDは2017年8月31日(米国時間)、企業PC向けCPUの「Ryzen PRO」を正式に発表した。AMDは以前から製品投入を予告しており、6月29日には仕様を公開していた。8コア/16スレッドのRyzen 7 PRO 1700/1700X、6コア/12スレッドと4コア/8スレッドのRyzen 5 PRO 1500/1600、4コア/4スレッドのRyzen 3 PRO 1200/1300の6モデルある(写真1)。「GuardMI」と呼ぶ、セキュリティ機能を備える。

写真1●米インテルの競合製品との特徴比較。同程度の価格帯であるとする。
(撮影:大原 雄介、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●セキュリティ機能は「GuardMI」と呼ぶ。
[画像のクリックで拡大表示]

 AMDによる説明会では、Ryzen PROを採用したPCメーカーとして、米デル、米HP、中国レノボなどが紹介された(写真3)。

 デルは「OptiPlex 5055」をリリースする(写真4)。全世界で9月末に同時発売するという。価格は構成により変わるが、例えばRyzen 3 PROにメモリー4Gバイト、HDD 500Gバイト、Windows 10を搭載すると、小型タイプ(SFF:スモール・フォーム・ファクター)は619ドルから、ミニタワーが659ドルからになる。同社は、既にAMD製CPUを搭載したPCを多数展開しており、今後もラインアップを拡張していくとした(写真5)。

写真3●このほか、米メーンギア(MAINGEAR)、米ボックステクノロジーズ(BOXX Technologies)、米ベロシティマイクロ(Velocity Micro)もRyzen PRO採用製品をリリースする。
[画像のクリックで拡大表示]
写真4●米デルの「OptiPlex 5055」。小型とミニタワーは、基本構成は変わらず、拡張性に差がある程度だ。
[画像のクリックで拡大表示]
写真5●Ryzen PROベースの製品は、現段階ではOptiPlex 5055のみである。
[画像のクリックで拡大表示]

 HPは「EliteDesk 705 G3」を発表する。デルと同様にミニタワーと小型の2つのパッケージを用意する(写真6)。同社はEliteDesk 705 G3を「AMD製CPU搭載PCで最初のVR Readyデスクトップ」と位置付けている。同社はRyzen PROを選んだ理由として、性能の高さとセキュリティ機能、信頼性にあると説明している(写真7)。

写真6●米HPの「EliteDesk 705 G3」。デルと同じく、小型とミニタワーがある。
[画像のクリックで拡大表示]
写真7●EliteDesk 705 G3の仕様、見にくいが資料の下が全モデルのスペックだ。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら