Origamiは2017年8月29日、都内の本社で「Origami Open House Media Session」を開催し、スマートフォン決済サービス「Origami Pay」を中心とした同社の事業の現状と今後の方向性について説明した。冒頭、Origami マーケティングディレクター 古見 幸生氏は、携帯電話を使った決済サービスの先駆けである「おサイフケータイ」と比較しながら、「Origami Pay」の特徴を説明。「おサイフケータイは、モバイルFeliCaチップや対応SIMを内蔵した携帯電話や携帯端末でしか利用できない。一方Origami Payは、アプリなのでカメラ搭載のスマートフォンであれば利用可能。機種依存がないのが特徴だ」と優位性を語った。

Origami マーケティングディレクター 古見 幸生氏
(撮影:下玉利 尚明、以下、同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 続けて古見氏は、「Origami Pay」が利用者にもたらすメリットについて「キャッシュレスとスピ―ド」だと表現。特に、コンビニエンスストアのローソンをはじめ各店舗での少額決済時に、「現金を取り出さずに、QRコードを読み込ませるだけで素早く決済できて利便性が高い」と強調した。

 同社は2017年8月24日、日本ユニシスグループのキャナルペイメントサービスと導入店舗拡大に向けて業務提携を発表。古見氏は「Origami Payはサービス開始から約15カ月で利用可能な店舗が2万店ほどに拡大した。今後さらにサービスを拡充し、2019年末までに導入決定加盟店を20万店舗にまで拡大する」と目標を示した。

Origami Payのサービス開始から約1年で様々なスマホ決済が登場

 古見氏に続いてポイント交換案内サービス事業を提供するポイ探 代表取締役 菊地 崇仁氏が登壇。現在のスマートフォン決済サービス市場の動向を説明した。菊地氏は、「Origami Payが登場してから、アップルペイ、楽天ペイなど次々にサービスが提供され始め、利用者にとって『どれがいいのか』分かりにくい状況にある」と市場を総括した。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら