ソニーは2017年6月12日、文字盤とベルトのデザインを切り替えできる電子ペーパー搭載ディスプレイウオッチの新製品「FES Watch U(フェスウォッチ ユー)」を同日発売したと発表した。スマートフォンと連携し、好みの画像を使ってオリジナルデザインを作成できる。

FES Watch U
(出所:ソニー)
[画像のクリックで拡大表示]

 電子ペーパー搭載ウオッチ「FES Watch」の第2弾。同社が運営するクラウドファンディングサイト「First Flight」でクラウドファンディングを実施し、今回正式販売を開始する。

 FES Watch Uは、アクティブマトリクス型フレキシブル電子ペーパーを採用し、デザインを自由に変更できる。12種類のデザインがプリインストールされるほか、専用のスマートフォンアプリ「FES Closet」を用いて、撮影した写真や自分で作成した画像に文字盤をレイアウトして、簡単にデザインを作成してFES Watch Uに表示できる。

 また、国内外のクリエイターによるオリジナルデザインを無料ダウンロードして追加できる。クリエイターのオリジナルデザインは順次追加する予定。さらに、期間限定キャンペーン「TOKYO MONOCHROME」に参画するクリエイター10名のオリジナルデザインも提供する。

 ケースサイズは直径43×厚さ12mm。ハンド幅は23.5mm。IPX5/IPX7の防水機能を搭載した。通信機能はBluetooth 4.1 Low Energyに準拠する(対応プロファイルは独自)。対応OSはiOS9以上、Android 5.0以上。リチウムイオン電池を内蔵し、フル充電で約2週間動作する。

 本体カラーは、プレミアムブラック、シルバー、ホワイトの3種類。プレミアムブラックモデルは反射防止加工を施したサファイアガラスを採用した。希望小売価格(税別)は、シルバーとホワイトが各4万6000円、プレミアムブラックが6万円。

製品情報
ソニーのWebサイト]