Boxは2017年6月9日、第4回目となる年次イベント「Box World Tour Tokyo 2017」を東京・渋谷で開催した。「クラウドイノベーターパネルディスカッション」には、AGC 旭硝子 情報システム部長 伊藤 肇氏、丸紅 情報企画部長 徳田幸次氏、JFEスチール 理事 IT改革推進部長 新田 哲氏が登壇。Box Japan 代表取締役社長 古市克典氏をモデレーターに、Box導入の経緯やその活用状況などについて紹介した。

パネルディスカッションの様子。左からBox Japan 代表取締役社長 古市克典氏、AGC 旭硝子 情報システム部長 伊藤 肇氏、丸紅 情報企画部長 徳田幸次氏、JFEスチール 理事 IT改革推進部長 新田 哲氏
(撮影:下玉利 尚明、以下、同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 パネルディスカッションではまず、モデレーターの古市氏が、各社にクラウド活用の状況を尋ねた。旭硝子の伊藤氏は、「東日本大震災を契機にディザスターリカバリィ(DR)、事業継続性を真剣に考えたことがクラウド導入の契機だった」と説明した。旭硝子では、現在、アプリケーションやサービスをSaaS型で活用しているだけでなく、基幹系システムもクラウド移行を進めているという。

[画像のクリックで拡大表示]

 丸紅の徳田氏は、ビジネス環境が目まぐるしく変化する中、「IT活用を営業に資するものにしたかった」と述べ、スピーディーにIT環境を整備・運用できるクラウドを導入したことを説明した。徳田氏によると、丸紅ではクラウドにAWS(Amazon Web Services)を採用し、「丸紅本社の全体でBoxも導入した。グループ会社が多いが、そちらにはまだ導入していない」という。

丸紅 情報企画部長 徳田幸次氏
[画像のクリックで拡大表示]

 一方、JFEスチールの新田氏は、「JFEスチールでは『クラウドファースト』に取り組んでいる。基幹系はIBMのプライベートクラウドと、当社の情報子会社のクラウドサービスを活用している。併せてCRMなどもクラウド化し、現在はマルチクラウドの状況だ」と紹介した。

JFEスチール 理事 IT改革推進部長 新田 哲氏
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら