ヤマハは2017年6月6日、同社が開発した自然応答技術「HEARTalk」を搭載した初の製品を、電子工作用の電子部品を販売するスイッチサイエンスから電子工作向け基板「HEARTalk UU-001」として同日発売したと発表した。スイッチサイエンス公式サイトで販売し、直販価格は9180円(税込み)。

HEARTalk UU-001
(出所:ヤマハ)
[画像のクリックで拡大表示]

 HEARTalkは人間と機械の自然な会話を目指して開発した技術。人間の呼びかけの音楽的要素である「韻律」をリアルタイムに解析し、応答に適した自然な韻律を導出する。これまで単調だった機械の応答音声が、人間にとって自然な、強さ、抑揚、間、高さで返ってくるようになる。

 HEARTalk UU-001は、同製品に搭載されたマイクに向かって話しかけると、あらかじめ入力した音声をHEARTalk技術を用いてスピーカー出力できる。自作の機械工作やロボットにHEARTalkを組み込むことが可能で、人間の問いかけに自然に応答する機能を簡単に付加できる。

 ヤマハは「個人のものづくり」の成長性と可能性に着目し、同市場への技術投入やイベント協賛などを積極的に行っている。スイッチサイエンスへの技術提供は、歌って奏でる半導体「NSX-1」を搭載した音源基板「eVY1シールド」に続く第2弾となる。

製品情報
ヤマハのWebサイト
スイッチサイエンスのWebサイト