富士通研究所はこのほど、長年の保守で複雑になった業務アプリケーションの保守性を高める技術を開発した。2018年にも実用化し、対象言語はCOBOLとJavaからスタートする。

ここからは会員の登録が必要です。