ニュータニックス・ジャパンは2017年5月16日、パートナー企業や顧客企業が参加できるユーザー会「Enterprise Cloud Association」を発足した。ハードウエアを買い足すだけでプライベートクラウドの計算資源を拡張できる「ハイパーコンバージドインフラストラクチャー(HCI)」を試せる検証センターを使ったりユーザー事例を共有したりする。

 町田栄作コーポレートマネージングディレクター兼社長は「クラウドはパブリッククラウドとプライベートクラウドを組み合わせて使うハイブリッドクラウドが当たり前の時代が来ている」と話した。ユーザー会を通じてハイブリッドクラウドの構築ノウハウやHCIの使い方を共有する。HCIの認知度を高めて市場の成長を促し、同社事業を伸ばす。

町田栄作コーポレートマネージングディレクター兼社長
[画像のクリックで拡大表示]

 町田社長は「営業とマーケティングのための集まりだ」とユーザー会を表現した。ITベンダーが顧客にHCIを使ったインフラ構築を提案する時に、性能評価の結果やユーザー事例を紹介できれば提案しやすくなる。ユーザー会の活動が活発になれば、HCIの認知度が高まることも期待できる。広く企業の参加を呼びかけ、集まった事例や検証結果などの成果を「年内には発表する」(町田社長)という。

 2017年5月16日時点でEnterprise Cloud Associationに参加している企業は、エヌビディア、CommVault Systems Japan、シトリックス・システムズ・ジャパン、新日鉄住金ソリューションズ(NSSOL)、ソフトバンク コマース&サービス、TIS、東京エレクトロン デバイス、日商エレクトロニクス、ニュータニックス・ジャパン、ネットワールド、レノボ・エンタープライズ・ソリューションズだ。