スカパーJSATは2017年5月11日、LeoSat Enterprises社と戦略的パートナーシップ構築と出資についての合意書を締結したと発表した。

 LeoSatは2013年に設立された低軌道衛星通信事業者である。同社は今後、最大108機の低軌道衛星を打ち上げて宇宙空間に網の目のような衛星通信ネットワークを構築し、高効率の回線を提供する構想を持っている。

LeoSatの衛星通信ネットワークのイメージ
(出所:スカパーJSAT)

 「超低遅延」「高セキュリティー」「全世界をカバー」「地上のゲートウエイを必要としないポイント・ツー・ポイントのネットワーク」といった点が特徴という。スカパーJSATは、衛星間通信を用いたポイント・ツー・ポイントのネットワークによる低遅延かつ高セキュリティーの通信を可能とするLeoSatのサービスは市場性が高いと考え、事業立ち上げに向けた準備・検証を共同で行うことに合意したとしている。

衛星間通信を活用したポイント・ツー・ポイント通信のイメージ
(出所:スカパーJSAT)

[発表資料(PDF)へ]