スカパーJSATは2017年5月10日、三菱地所が所有・管理する新丸の内ビルディングにおいて、「アンテナ共有衛星通信サービス」の提供を4月1日に開始したと発表した。

 スカパーJSATは、アンテナ共有衛星通信サービスを、大規模オフィスビルに入居しているテナント企業向けの事業継続計画(BCP)対策商品と位置付ける。大規模オフィスビルの屋上に共有アンテナ(アンテナ径75cm)を設置し、ビル内に敷設された回線を利用することで、大規模災害後に発生が懸念される地上回線の混雑や断絶を回避し、衛星ブロードバンド回線を用いての音声通信やインターネット接続(Web会議など)を可能にするという。

図●従来の衛星通信サービスとアンテナ共有衛星通信サービスのイメージ図
(出所:スカパーJSAT)

 スカパーJSATは、アンテナ共有衛星通信サービスについて、「新丸ビル入居テナント企業のAGC旭硝子に契約を頂いた」としている。

 従来のBCP対策としての衛星通信サービスでは、テナント企業が単独でパラボラアンテナやケーブル敷設工事をする際に、コスト負担とオフィスビルの屋上におけるアンテナスペースの確保という課題があった。スカパーJSATは、アンテナ共有衛星通信サービスについて、「従来の課題を解消し導入しやすい」としている。

[発表資料(PDF)へ]