ゼンショーホールディングス(HD)は2017年4月6日、卓上ロボットを使ってファミリーレストランの接客をする実証実験を始めた。タッチパネルを通じた対話が可能な卓上ロボットを活用。商品の説明や注文の受付、会計といった「おもてなし」を担う。2020年の実用化を目指す。

ここからは会員の登録が必要です。