シャープは2017年4月6日、太陽光発電や蓄電池などの充放電状況や家電の電力使用状況をスマートフォンからリアルタイムで確認できるHEMS機能搭載の「クラウド連携エネルギーコントローラ」(型番:JH-RV11)を6月12日に発売すると発表した。希望小売価格(税別)は10万3600円。

クラウド連携エネルギーコントローラ(型番:JH-RV11)
(出所:シャープ)
[画像のクリックで拡大表示]

 太陽光発電システムの発電・売電量や蓄電池の充放電状況などをスマートフォンからリアルタイムで確認できる。また、自宅の照明器具や家電製品などの電力使用量の変化をモニタリングし、各機器の電源がオン・オフされた時にスマートフォンへ通知する。外出先からテレビやエアコンの消し忘れを確認できるほか、子供の帰宅などの把握や離れて暮らす家族の身守りも可能。

 このほかにも、気象特別警報や気象警報(大雨、暴風、暴風雪、大雪)の発令をクラウドサーバーが受信して自宅の電動窓シャッター(雨戸)を自動で閉める機能、スマートフォンからエアコンや電動窓シャッターを遠隔から一斉にオン・オフできる「まとめて操作」機能を搭載した。エアコンはECHONET Lite通信機能の搭載機種、電動窓シャッターは文化シヤッター製「マドマスター・スマートタイプ」に対応する。

 設置場所は屋内。動作温度は0~40度。計測制御ユニット(JH-RVA1)は定格消費電力2Wで、本体寸法は幅87×奥行き50×高さ320mm、重さは約0.5kg。機器連携コントローラ(JH-RVB1)は定格消費電力5Wで、本体寸法は幅25×奥行き80×高さ108mm、重さは約0.1kg。

シャープのWebサイト