米Microsoftは、新しいカメラアプリケーション「Sprinkles」を現地時間2017年4月1日にiOSデバイス向けに無償公開した。フォトメッセージングアプリケーション「Snapchat」のように自撮り写真を加工するさまざまなフィルターを用意している。Sprinklesは「iOS 9.3」以降で利用可能。現時点で対応言語は英語のみ。

写真●米Microsoftの新しいカメラアプリケーション「Sprinkles」
(出所:米Microsoft)
[画像のクリックで拡大表示]

 「App Store」での説明文によれば、Sprinklesは写真の内容を認識し、被写体に応じて気の利いたキャプションやジョークを提案したり、写真に合った絵文字を提示したり、顔の適切な位置にヒゲや帽子などのステッカーを追加したりできる。

 また、写っている人物の年齢を自動推測し、似ている著名人を挙げて「似てる度」をパーセンテージで表示する。

 任意の絵文字やキャプションを入力したり、Web上で公開されているステッカーを適用したりすることも可能。

 加工を施した画像は、「Facebook」や「Twitter」に投稿するほか、メッセージやメールで手軽に友達と共有できる。

 MicrosoftはSprinklesの専用サイトを開設しているが、現時点で詳しい情報は掲載していない。Android版やWindows版のリリースについても明らかにしていない。