NHKエンタープライズ(NEP)とNHKメディアテクノロジー(MT)、レコチョク、WONDER VISION TECHNO LABORATORY(WVTL)の4社は2017年3月7日、クリエイティブビジネスの国際見本市である「SXSW2017(サウス・バイ・サウスウエスト2017)」(3月12日~15日開催)において、「8K:VRライド」を共同で出展すると発表した。

 8K:VRライドは、8K映像とドーム型ワイドスクリーン、座席が遊動するモーションライド、5.1chサラウンドの音響により、ヘッドマウントディスプレイを使わずにVR体験を実現するシステムである。NEPとMTは、8Kと3D映像技術などを組み合わせて開発し、「SXSW2016」で展示した「8K:VR」の進化版と8K:VRライドを位置付ける。

写真●「8K:VRライド」の外観
出所:NHKエンタープライズ
[画像のクリックで拡大表示]

 8K:VRライドのコンテンツは4社が共同で開発した。コンテンツの内容は、過去から現在、2020年に時空移動しながら東京を体感するというもの。サザンオールスターズの楽曲である「東京VICTORY」を聴きながら、「TOKYOバーチャル体験」をできるようにしている。

 8K:VRライドの基盤には、WVTLが開発した映像システムである「Sphere 5.2」を採用した。Sphere 5.2は、幅5.2m、高さ3.4m、奥行き2.6mのドーム型ワイドスクリーンに、4Kまたは8Kの映像をプロジェクション投射できる映像システムである。このシステムに8K対応プロジェクターと電動6軸モーションベースを組み合わせ、8K映像によるモーションライドを実現した。