英国系の人材紹介会社であるヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパンは2018年2月9日、日本を含むアジア5カ国・地域の給与水準と雇用の実態調査をまとめた「ヘイズ アジア給与ガイド」を発表した。

 調査対象の国・地域は、日本、中国、香港、シンガポール、マレーシア。給与水準は各地のヘイズのグループ会社が紹介したIT人材の給与実績を基にしたという。ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパンでマネージング・ディレクターを務めるマーク・ブラジ氏は調査結果のポイントとして、「日本は高いスキルを持つIT人材の報酬が低く、アジアの他の地域に差を付けられている」と説明した。

 例えば、人工知能(AI)の一種であるディープラーニング(深層学習)を使う開発案件のプロジェクトマネジャーを見ると、日本は最高で年収1200万円だった。一方、香港では最高が約5080万円(360万香港ドル)と日本の4倍超。最低でも同1270万円(90万香港ドル)であり、日本の最高額を上回った。シンガポールも約1500万~3000万円と、日本の水準を大きく上回った。中国は日本とほぼ同水準だった。

高いスキルを持つIT人材の給与の最高水準
[画像のクリックで拡大表示]

 ブラジ氏はさらに、「高スキルを持つIT人材の報酬が低いという日本の傾向は管理職でも顕著」と指摘した。例えば日本のCIO(最高情報責任者)の報酬は最高で年2500万円。一方、中国や香港、シンガポールはいずれも同4000万円超だった。