KDDIは2018年2月8日、個人向けFTTH(ファイバー・ツー・ザ・ホーム)サービス「auひかり ホーム」に、通信速度が上り下りとも最大10Gbpsの「auひかり ホーム10ギガ」と同5Gbpsの「auひかり ホーム5ギガ」を加えると発表した。上り下り最大10Gbpsは個人宅向けのFTTHサービス(月額100ドル未満)として世界最速としている。提供エリアは東京都や神奈川県、埼玉県、千葉県の一部。基本的には戸建て住宅が対象で、低層マンション(2階以下)も加入可能。3月1日から加入申し込みを受け付ける。

 無線LANルーターとIoT(インターネット・オブ・シングズ)ゲートウエイの機能を備えるゲートウエイ機器「BL1000HW」(NECプラットフォームズ製)を、レンタルで提供する。無線LAN機能は最新の無線LAN規格「Draft IEEE 802.11ax」に準拠し、無線LANの通信速度(理論値)は最大2.4Gbps。有線インタフェースはWANポート1つとLANポート4つ。4つのうち1つは10Gbpsに対応している(具体的には10GBASE-T/5GBASE-T/2.5GBASE-T/1000BASE-T/100BASE-TXをサポート)。

ホームゲートウエイの「BL1000HW」
(出所:KDDI)
[画像のクリックで拡大表示]

 1年目の月額利用料は、10ギガが5880円、5ギガは5100円。同料金は「ずっとギガ得プラン」に加入した際の割引(超高速スタートプログラム)を適用し、プロバイダーにau one netを選択し、「口座振替・クレジットカード割引」を適用した場合のもので、BL1000HWのレンタル代を含む。ただしBL1000HWで無線LAN機能を使う場合で、「auスマートバリュー」が適用されていないケースでは、「ホームゲートウェイ内蔵無線LAN親機機能」利用料として月額500円がかかる。