ソフトバンクは2018年2月8日、スポーツ映像のライブ配信サービス「スポナビライブ」の提供を2018年5月31日に終了すると発表した。新規申し込みの受け付けも2月13日で終了する。スポナビライブで提供しているコンテンツは一部を除き、2月9日から英パフォーム・グループの「DAZN(ダゾーン)」で視聴できるようにする。

契約者への案内画面
出所:ソフトバンク
[画像のクリックで拡大表示]

 ソフトバンクは今回の措置について、「コンテンツの拡大や質の向上など価値あるサービスを提供できるプラットフォームを構築することで、より多くのお客さまがスポーツのライブストリーミングを楽しめる環境を用意したいと考えた結果」としている。スポナビライブの契約者には、通常は月額1750円のDAZNを月額980円で利用できる「特別割引プラン」も用意した。2月14日以降、メールで案内する。

 一方、ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(B.LEAGUE)との間では、「B.LEAGUEトップパートナー」として連携を継続するとも発表した。スポナビライブは5月31日で終了するが、以降も試合のライブ中継を手掛けるとしている。