情報処理推進機構(IPA)は2017年2月8日、2017年4月に「産業サイバーセキュリティセンター」を立ち上げ、センター長に日立製作所の中西宏明取締役会長兼代表執行役が就任すると発表した。2017年7月より1年間の教育プログラムなどを始める。これを見据え、2017年2月20日から同プログラムの受講者を募集開始する。

中核人材育成プログラム(仮称)の実施計画図
(出所:IPAのサイト)
[画像のクリックで拡大表示]

 産業サイバーセキュリティセンターは、電力や水道などの重要インフラのサイバー攻撃に対応できる人材育成などを目的とする。人材育成のための教育プログラムでは、模擬プラントを使った演習や最新のサイバー攻撃情報の調査・分析などを実施する。

 既に電力、ガス、鉄道、自動車、不動産業界などの30社以上が、同プログラムへの参加を表明しているという。産業サイバーセキュリティセンターの事業内容や人材育成プログラムの詳細は、[IPAのサイト]に掲載している。