NECは2018年2月7日、顔認証/ICカード認証で入退管理ゲートなどを制御する専用機「NeoFace Access Control」の販売を始めた。カメラとICカードリーダー、タッチパネル、顔認証ソフトを一体化。設置の容易さを生かし、既存ゲートへの増設やイベント会場での一時利用などを見込む。同年2月14日に出荷開始する。

NECの顔認証システム「NeoFace Access Control」
[画像のクリックで拡大表示]

 NeoFace Access Controlは、顔やICカードのいずれか、または両者による認証で入退管理ゲートや電気錠などを制御できる。本体の7型タッチパネルで操作できる管理メニューのほか、Webベースの管理画面を用意する。

NeoFace Access Controlの管理画面。タッチパネルまたはリモートからユーザー管理が可能
[画像のクリックで拡大表示]

 1台で5000人分の顔/ICカード認証データを登録できる。顔認証用の画像は、内蔵カメラによる撮影または管理画面でアップロードする。ICカードはFeliCa/MIFAREの種別を指定して登録する。

 認証用データベースは標準で5台のNeoFace Access Control間で同期可能。オプションの運用管理ソフト「NeoFace Access Control Manager」で最大1万ユーザー/100台まで拡張できる。

 外部インタフェースとして、入退管理ゲートや電気錠などと接続するRS-485シリアルコネクタ×1、デジタル入出力×4対、ギガビットイーサネット×1、USB 3.0×2、DisplayPort×1を備える。

 外形寸法は幅150×奥行き153×高さ380mm。重さは約7kg。消費電力は最大48W。きょう体は防塵・防滴(IP54)、動作温度は5~45度。OSはWindows 10ベース。

ここからは会員の登録が必要です。